【安芸太田町・mm project】アートでGO! まちに潜むアートを探す旅に出よう。

photographs by Masayuki Okita & text by Sayaka Okita

アートでGO!表面

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「これもアート?これも!あ、もしかしてこれもアート?」。今月2日から安芸太田町の加計商店街で行われている「アートでGO!まちに潜むアートを探す旅」というイベントに参加すると、街並みにあるものすべてがアートに思えてくる。
一体アートってなんなのだ。芸術、人に刺激を与えるもの、社会に影響を与えるもの……。定義するのが難しいし、正直よくわからない。でもそんな境界なんてなくていいのかも、と主催者の水野美奈子さんが思わせてくれる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「『楽しい』とか『びっくりした』とか、心が動けばそれがアートでOK!」。素敵な笑顔を携えて話す水野さんご自身も実はアーティスト。同じくアーティストである夫とおよそ30年アメリカに住んでいたが、2014年に故郷である安芸太田町に帰ってきた。翌年、今回のイベントの拠点である「mm project」というギャラリーを加計に開いた。参加する人は、ゴールをこのギャラリーに設定することをおすすめしたい。アート作品をたくさん見つけて写真に撮ると、最後にここでおしゃれなギフトがもらえる。ごほうびがあると聞いて、俄然燃えてきた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さあ、アートでGO! 「太田川交流館かけはし」をスタートにした。ここで、ともにイベントを支える広島女学院大学・加計プロジェクトチームの学生から地図をもらえる。学生手作りの地図には、お菓子やさんやカフェなど、町のおすすめポイントが書かれている。……が、しかし。肝心のアート作品の場所が書かれていない。これがこのイベントの大きな仕掛けなのだ。その効果はあとでわかってくる。案内係である4年生の藤井未来さんに聞くも「このあたりです」と、そう簡単に教えてくれないので、なんとなく町を歩き始める。作品を見落としたくないから神経は研ぎ澄ませて。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
あった! 真っ青な部屋を見つけた。「青の館プロジェクト」。地元出身のアーティスト・中野千春さんの作品だ。建物の中がただただ青に塗られている。実は、ここは元々町のバス停だった。「かつては人が交差した場所に、青という色を添えることで、再び風を吹き込みたい」と中野さんは話す。親子連れの参加者は、写真を撮って楽しんでいた。青い空間に人が浮かび上がっていて写真も作品みたい。「謎の町に入り込んだ感じ!」。笑顔からワクワクが伝わる。「探す」という行為が付随しているので、ただ鑑賞するのとは違う高揚感が生まれる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さらに、町に潜んでいるアーティストの作品を探す目線は、同時に町の魅力を見つける目線にもなってくる。「あの看板かわいい」「活版印刷屋さん?」「カエルの置物だ」。おそらくアートじゃなくて、町にある日常なんだけど、でもアートに見えてきちゃう。日常とアートの融合だった。境界線がない。なるほど、これが仕掛けか。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
町の人との会話も自然に生まれてくる。地元で約50年続くアサ製菓店の石井利弘さんは「加計はかつて交通の要衝でタタラ場から鉄も運んできていた。この通りも店がひしめきあっていたが、今では人が少なくなった。町を知ってもらうイベントが行われるのはいいこと」と話す。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
あ、作品を見つけた! 木枠の窓の中に突如として現れる恐竜の化石のようなもの。広島市立大学芸術学部4年・鎌田広樹さんの作品だ。テーマはファンタジー。添えられている文章とともに作品になっていて想像力を喚起される。「ホワイトキューブ。つまり博物館みたいな白い空間に置くアートとしてつくった」と鎌田さんは話すが、作品が飾られていたのは町家。でもうまく融合している。ここに主催者・水野さんの手腕が見えてくる。「作品の写真を見たときに、あの窓にぴったり合うと思ったんです」。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水野さんにとってアートは日常そのもの。ギャラリーを開いたのも「町に活気を」とは思っていなかった。ただ当たり前で、自分が落ち着く空間を作ろうとしただけだという。夫婦ともにアーティスト。アメリカでは夫の展示の手伝いもしたし、滋賀県で街中に作品を展示する芸術祭なども手がけてきた。そんな水野さんの仕掛けもあって、アートと町がうまく融合しているのだと感じた。「町のおばあちゃんたちが散歩のついでアートを見てくれたらうれしい」。
作品、町の魅力、そこに住む人々、暮らし。「探す」視点で町を歩くと、アートの輪郭がぼやけてくる。とても良い意味で。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

〈今後の開催予定〉

10月1日(日)までの土日祝日に開催

19人のアーティストと1団体による、計100点以上の作品が潜んでいます。

 

〈コラボイベント〉

  • 9月10日(日)「音曲まいまい」:常禅寺での即興演奏、朗読、フラダンスなど
  • 9月17日(日) 「コージとアーサーのドドドドーム!トークショウ」:画家・スズキコージさんと、詩人のアーサー・ビナードさんのトークショー
  • 9月17日(日) 「コスカレードin安芸太田町」:アニメやゲームなどのコスプレ交流&撮影イベント

 

コラボイベントの詳細やアクセス情報はこちら