ニュース

中山間地域の課題解決に向けたクラウドファンディングの活用を後押し!

近年,社会貢献に高い関心を持つ若者を中心に,インターネットを通じた新たなファン獲得の手法であるクラウドファンディングが注目を集めています。広島県内でも,「ひろしま さとやま未来博2017」を契機に,クラウドファンディングを活用して,中山間地域の課題解決に向けた取組を拡大・継続させるうねりが生まれ始めています。

広島県では,このうねりをさらに加速させるため,中山間地域の地域づくりをリードする人材のプラットフォーム「ひろしま里山・チーム500」登録者等の地域づくり実践者を対象に,中山間地域が抱える課題の解決に向けたクラウドファンディングの活用を支援します。

 

【支援内容】

①クラウドファンディング講座

県内各地で本事業の講座を実施し,クラウドファンディングの理解を深める機会を設けます。

基礎編【クラウドファンディング初心者の方へ】
○三次会場 8月23日(金) 13:30~15:30 [みよしまちづくりセンター1階会議室]
○広島会場 8月23日(金) 18:30~20:30 [おりづるタワー研修室2]
○三原会場 9月27日(金) 13:30~15:30 [予定]
○福山会場 9月27日(金) 18:30~20:30 [予定]
○広島会場 11月8日(金) 18:30~20:30 [予定]

実践編【具体的なアイデアがある方へ】
○広島会場 9月6日(金) 18:30~20:30 [おりづるタワー研修室2]
○福山会場 10月11日(金) 18:30~20:30 [予定]
○広島会場 11月22日(金) 18:30~20:30 [予定]

②マンツーマンの担当制サポート

クラウドファンディングを実施する場合には担当者が付き,ページ作成やリターン設計,広報戦略の立案等をサポートします。

 

【支援対象】

ひろしま里山・チーム500の登録者が実施する実践活動のうち,以下のいずれかに該当するもの(一過性の単年度イベントを除く)

  1. 地域資源に新たな価値を付加し,起業やマネタイズにつなげるもの
    例)シカ・イノシシなどの皮を加工して作った革製品をクラウドファンディングでPR・販売
  2. 地域で価値を失ったものを「資源」として再活用するもの
    例)廃校をシェアオフィスとして再生するためのリノベーション費用をクラウドファンディングで募集
  3. 地域の課題等を発信し,支援活動への参加拡大につなげるもの
    例)土砂災害を防ぐため,里山整備の担い手育成の必要性をクラウドファンディングで啓発※今年度は手数料支援はありません。