「ひと」を探す

岩見	暢浩

岩見 暢浩

イワミ マサヒロ

NPO法人ひろしまNPOセンター

1966年、広島市生まれ。1989年より東京で河川・湖沼の環境調査、管理計画づくりの仕事に携わったが、広島スタイルのお好み焼きを口にできないストレス(当時はお好み焼き一枚より往復電車賃の方が高くなるというほどお店がなかった)のため1994年帰郷。学生時代のアルバイト先であった都市計画コンサルタント事務所に転がり込み、プランナーとして各種行政計画、都市デザイン、景観づくり、地域づくりをサポート。業務の中で行政と市民の間で行われる様々な合意形成プロセスを学ぶ。2008年よりフリーランスとなり「画柄堂」の屋号で、行政、学術研究機関、民間コンサルタント等とコラボして合意形成プロセスや成果品に必要な各種イラスト・インフォグラフィック制作の仕事を始め現在に至る。また、その一方で、2013年より環境省が設置する「中国環境パートナーシップオフィス」にスタッフとして加わり、持続可能な地域づくりに向けた多様な主体の協働、学び合いの場づくりをコーディネートする業務に携わる。マニアックな視点での道路めぐり、エリア散策と「妖怪」を風土・文化の視点で読み解くことが趣味。カープファン。