ニュース

【1/21開催】ひろしま里山ソーシャル・カフェ in 呉の参加者を募集します!

169414

 

ひろしま里山ソーシャル・カフェは,中山間地域が抱えるさまざまな課題を解決し,

地域を生まれ変わらせる(エリアリノベーションする)ためのアイデアを,

参加者全員がワールド・カフェ形式で考え,語り合える場になることを目指しています。

6つの会場ごとに異なるテーマと,それに相応しいゲストの方々(全国的に活躍されている

メンターゲストと身近に県内で活躍されている広島ゲスト)をお迎えします。

 

第5回の呉会場は,「地域を想い,担う心づくり」をテーマに,

佐藤恒平氏(まよひが企画代表)と清水義弘氏(ためまっぷプロジェクト世話人)から,

これまで取り組んできた活動等について発表していただき,参加者との交流も行いますので,

関心のある方は是非,ご参加ください。

 

〔ワールド・カフェとは〕

“カフェ”のようなリラックスした雰囲気の中で,少人数に分けたテーブルで自由な対話を行い,

メンバーの組み合わせを変えて対話を続けながら,意見や知識を集める対話形式

 

第5回ワールド・カフェ開催概要

 

〇日時 平成29年1月21日(土) 13:30~17:00
〇場所 呉YWCA(呉市幸町3-1)
〇テーマ 地域を想い,担う心づくり

プログラム
時間 内容
13:30~13:40 開会
13:40~14:25 メンターゲスト佐藤恒平氏 プレゼンテーション
14:25~14:40 広島ゲスト清水義弘氏 プレゼンテーション
14:40~14:55 ファシリテーターとゲスト2名による「ソーシャル・トーク」
14:55~15:05 休憩
15:05~16:55 来場者全員参加による「ワールド・カフェ」
16:55~17:00 閉会

チラシはダウンロードしていただけます。→第5回ワールド・カフェ (PDFファイル)(408KB)

 

ファシリテーター

出一正(さしで かずまさ)氏 『ソトコト』編集長

1969年群馬県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。高知県文化広報誌『とさぶし』編集委員。

「みちのく起業」第二期ファンド選考委員。地域若者チャレンジ大賞審査委員。

エコジャパンカップ&リバイブジャパンカップ審査員。READYFOR OF THE YEAR審査員。

国連持続可能な消費と生産 10年計画枠組み(10YFP)「持続可能なライフスタイル及び教育(SLE)」

プログラム作業部会委員。

 

メンターゲスト

佐藤恒平(さとう こうへい)氏 まよひが企画代表

1984年,福島県生まれ。山形県朝日町まちづくり総合アドバイザー。

無個性な着ぐるみ「桃色ウサヒ」を使って地域おこしに取り組む地域振興研究者。

成功事例再現にとらわれない「非主流地域振興」を着想し,

2010年,地域おこし協力隊として同町に移住した後に起業。

過疎の町育ちの経験を活かし,全国どこでも 通用する地域おこしのモデル作りを探求中。

平成27年度ふるさとづくり大賞総務大臣賞受賞。

 

広島ゲスト

清水義弘(しみず よしひろ)氏 ためまっぷプロジェクト世話人

1971年,呉市生まれ。ITエンジニア。

「近所が見えない」という情報流通構造から生まれるさまざまな社会課題を,

人口減少社会の中,奪い合いではなく与え合うためのインフラとして,

支援者とともにスマホアプリ「ためまっぷ」を 開発。

子育て,介護,健康,スキルアップ,ボランティア,朝市やお店のイベントなど

,誰もが生活圏域で人とつながれる 社会を目指して地域の小さな活動を支援している。

 

 

参加申込み

12月19日(月)から参加申込みを受け付けています(先着順)。
定員(50人)になり次第,締め切りとさせていただきます。

応募フォーム http://www.csri.jp/hsc_05

 

 

 ひろしま里山ソーシャル・カフェ

この事業については,次のホームページをご覧ください。
「ひろしま里山ソーシャル・カフェを開催します!」